医者に怒鳴られる?2008年06月04日 05時18分22秒

足の怪我で、風呂禁止令が続いていると言ったら、知人から、お見舞いのメールを頂いた。

そのメールを読んでいて思い出した事が一つ有る。

25歳の時、大阪で行われる親友の結婚式の前日から40度近い熱。

結婚式を楽しみにしていたので、数日前から、出ていた微熱にもきちんと近くの医者に行っていた。

この先生、街医者だが、わざわざ遠くから来る人が居るほど。

微熱だし、体調は良好。大阪でなく東京の結婚式だったら、医者に行かないだろう。

そのくらい、大阪行きを楽しみにしていた。

ところが、扁桃腺が腫れた。お久し振りね~、だ。小さい頃、これでお袋に心配かけた。

高熱の為、幻覚を見て泣き出すし、ありえない事を言って、フラフラ。タミフルでは有りませんが、全く同じ。

大阪までいけないので、お袋から電話してもらった。

扁桃腺はどんどん腫れる。息が苦しい。日曜日なのに、先生が「来なさい」と言ってくれたので行く。4軒隣で助かった。

「兎に角、冷やして、月曜日になったら耳鼻咽喉科に行くように」と言われ、氷嚢見たいのを首にした。初めての経験。

月曜日には38度くらいまで熱が下がり、恐持てで有名な耳鼻科咽喉科に行く。ここも遠くから来る人がいる。

歩いて2分くらい。便利なところに住んでいた。(~_~;)

喉に注射を打たれた。

翌日は熱が下がり、一安心。二日後、再び恐持ての耳鼻咽喉科に行く。

「先生、そろそろ風呂に入って良いですか」と聞いたとたんに怒鳴られた。

「俺は今、お前の喉を切ろうかどうしようか悩んでいる。風呂だ~?、2~3週間入らなくたって死にはしない。熱は下がっても未だ膿んでいるんだ」

お陰で、2日くらいしたら、風呂に行けた。

安全とはこういうものだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2008/06/04/3561193/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。