デジタル人間のツイッター2010年12月07日 05時28分50秒

鬱への理解 <m(__)m>

どんな病気でも「手遅れ」と言う言葉が有ります。
でも、鬱病には「手遅れ」という言葉は無いような気がします。

鬱病自体が命を奪う事は有りませんし、重度の方でも治った方を知っています。
その方は長期入院をされたそうですが、お会いした時は普通にしていらしたので全く判りませんでした。
でも、療養中という事でした。

つまり、インフルエンザのように症状が直ぐ出るわけでは有りません。
年単位の時間を経て症状が出るわけですから、治療にも年単位を必要とします。

社会復帰までの、「仕事」が有ると、患者は大変助かるのですが
(-_-;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2010/12/07/5562847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。