デジタル人間のツイッター2010年12月05日 05時36分12秒

鬱への理解 <m(__)m>

私が鬱になったのはパニック障害からです。
20~30年くらい前に遡りますが、
当時は精神的な問題で「怠け病」みたいな扱いを受けました。

パニック障害の症状は色々有りますが、
私の場合、脳貧血のような感じでした。
今でも記憶に有るのは、
仕事中、視界から色が消え、見えているものが、遠くに離れて行くのです。

これって、柔道で締め技を掛けられ時の感じです。 (^^ゞ

最近は
著名人が自ら「パニック障害」を罹っている事を言って下さいますので、病気として、周囲から見てもらえますが、それまでは・・・・ (-_-;)。

鬱病も同じです。
患者本人と、周囲の方が「鬱病」である事を理解し、
心療内科に行く事をためらわず、治療を始めれば、
意外と早く治るものです。 (^_^)v

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2010/12/05/5558165/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。