仕事って何?-62009年12月27日 08時30分04秒

私の日曜日の朝の楽しみはフジテレビの「報道2001」

今朝も色んな情報を仕入れたが、笑えた事が一つ有った。

先日の政府による事業仕分けの時に、スーパーコンピューターの予算に対する判定が
廃止から継続
に変化したのは皆さんご存知のことでしょう。

その理由が笑えた。
「文科省の担当者が必要性を説明できなかった」からだそうだ。

スーパーコンピューターの必要性を知らない人間が担当者?
どうやって、予算を計算したんだ?。

これでは、他の事業、例えばGXロケットの開発技術者はたまったものじゃない。
一所懸命頑張っても、担当省庁の役人がその内容を知らないから廃止では、泣いても泣き切れない。

GXロケットが完成した時の国益は科学技術だけでなく、国防等、計り知れない。

だから、「役人は仕事をしない」と悪口を言われる事になる。


又、思い出した。
30年くらい前の事。
技術系国立大学学長の言葉

「○大出身官僚による行政が日本を滅ぼす」という事。

子供の頃から、机にしがみ付いて勉強する事しか知らないから、教えられた事、本に書かれた事しか出来ない。