デビュー戦2008年07月30日 05時16分02秒

逆転勝ちした相手も、両手、両膝ついてうれし泣き、どちらも凄い
昨日、NISHIMURAのプロデビュー戦を見て来ました。

足立区内の都立高校3年。学業、アルバイト、練習をきちんとこなしている。

第一ラウンドは、素人の私でも判るほど勝っていた、第2ラウンド2分53秒でレフリーストップ。
2回戦が始まる時に、私は「追うなよ」と呟いていたが、「追ってしまった」ようだ。
試合後の帰り道でNISHIMURAの兄から聞いた。残念!

直前の打ち合いでパンチを食ったようだ。

セコンドがタオルを持った時は踵に体重がかかっていただけ、10秒くらいなら何とかなる。
未だいける。

ただ、バンタム級となると、4回戦クラスとは言っても、パンチはそれなりの重さが有る筈(素人の戯言です)。

とは言え、テレビで見る試合なら、何事も無く試合は続くが、NISHIMURAの将来を考えれば、セコンドもレフリーも勇気有る判定をしたと思う。

試合後、ファンが待つ廊下に出て来て、挨拶をする目には「悔し涙が」
少し。
やがて、仲間の言葉で、笑顔が出てきた。



龍太へ、
「図書館行って、徳川家康の三方ヶ原の戦いを読んで来な。」


ん?、人の事言って居られませんでした。

昨日の試合は教えれる事ばかりでした。