飛行機のエンジン2008年07月04日 05時16分48秒

ラルゴ君のエンジンは16バルブ、凄い事なんです!
ゼロ戦の事を書いていたが、話が武器になり、嫌になったので一休み。

飛行機のエンジンの特徴は「軽い」事である。

40年以上前の事だが、エンジンを軽くする為に、社運を賭けた大メーカーも在った。

それくらい「軽い」事が重要なのだ。

ところが、第二次世界大戦直前は「重い?」ディーゼルエンジンを搭載した爆撃機も有ったようだ。

最近になって知って驚いた。

しかし、よく考えて見ると理解できる。

「重い」「軽い」は1馬力あたりのエンジン重量であって、ガソリンエンジンと比較して重いディーゼルエンジンでも、馬力が出るなら、馬力を抑えて、小型、軽量化すれば1馬力あたりのエンジン重量は変わらない事になり、飛行機用として十分使える。

まして、プロペラでエンジンの最高回転は決められてしまう。

エンジン回転数だけを考えたら、低回転高出力のディーゼルエンジンの方がプロペラ飛行機に向いている。

最近、ディーゼルエンジンが見直しされている。

高速型ディーゼルエンジンが可能になったためだろう。

見方を変え、新技術を加えると、別物ができる。

その為には、真実を知る必要が有る。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2008/07/04/3608842/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。