暖機運転とCO22008年04月01日 05時24分08秒

 私がこのブログを書いているのは、安全、安心について話したいからです。
 特に、自動車は、メーカーのエンジン設計部で新型エンジンの開発実験をしていた事も有り、題材にしています。

 暖機運転とアイドリングは違います。
 「走らないのにエンジンを回す」という事は同じですが、エンジン温度が低いか、高いかの違いが有ります。高くて安定しているのがアイドリング、低くて、これから高い安定状態(アイドリング)になろうとしているのが暖機運転です。
 もっとも、言葉で話している時は、両方ともアイドリングです。会話の前後関係で、区別がつきます。

 暖機運転はエンジンを温める目的で行いますが、オイルを理想(設計値)状態で潤滑するという作業でもあります。

 暖機運転を含めたアイドリング時の排気ガスは意外と汚いんです。但し、排気ガス1Lあたりの割合です。総量はやはり、走っている時の方が多いでしょう。でも、走っているときは、ガソリンの無駄は有りません。大気汚染も必要最低限です。

 「矛盾だ、暖気運転の方が排気ガス汚いんだろう。何で暖機運転するんだ」と言われると思います。
 
 走っている時の為です。暖機運転は数分です。走っている時間は?です。暖機運転をしないで、いきなり走り出すと、エンジンを傷めます。詳しい事は別に書きますが、燃費が悪くなります。
 同じように走っても、燃費が悪いですから、CO2が多く出る事になります。CO2は燃料消費量に比例します。燃料が漏れていなければ。未燃焼ガスも燃料漏れの一部です。

 「たいした差は無いんじゃ無いの」と思われるかも知れませんが、5年、10年と乗るわけですから、大きな差です。まして、一回あたりの走行量が多い場合はもっと大きいです。

暖機運転とECO2008年04月02日 04時42分24秒

 暖機運転しないと、エンジンが傷むと書きましたが、壊れる訳では有りません。燃費が悪くなるだけです。
 但し、燃費が悪いという事は燃料を余分に使うという事ですから、不要なCO2が増えますし、他の、有害排気ガスも増えるでしょう。ガソリン代も余分にかかります。良い事有りませんから注意しましょう。
 自動車を生活必需品と考えていますので、一生の問題ですし、子供達への問題でもあります。
 これがECOだと考えています。その場限りのECOには疑問が有ります。

 暖機運転をするという事は、エンジンが温まるまで余分な負担をエンジンにかけない為です。
 スポーツする前の準備運動です。

 エンジン温度をガタガタ言う理由は「物質は温度で体積が変わる」からです。
 ところが、体積変化は温度と材質によって千差万別です。エンジンは色んな材質の部品で出来ていますから、それぞれ、温度によって寸法の変化量が変わります。
 
 10ミクロン、20ミクロンの世界ですから、僅かな、温度による体積変化でも、意外と影響大きいんです。
 ですから、エンジンを設計する時は一定の温度を基準に設計します。この温度の時ですと、大きな負担でもエンジンは大丈夫、元気に働いてくれます。


 そんな訳で、暖機運転が必要になります。

暖機運転(機械は動く)2008年04月03日 05時40分25秒

 機械が動く為には、必ず、隙間が必要です。
 その隙間にはオイルが入ります。
 オイルがないと、金属同士がこすれて、「かじる」と言って、動かなくなります。
 ボールベアリングだって、グリース(マーガリンみたいな感じ)が入っています。
 ですから、自転車等のベアリング部に「○○-○」は絶対に禁止です。ネジを緩めるのには最高なんですが、目的が違います。
 ベアリングが「がじった」時だけは、これで、一旦、動くようにして、別のオイルをスプレーします。
 あくまで、一時しのぎですが。
 このメーカーさんも、ベアリング用のスプレーオイルは、別に出しています。
 これなら安全です。私も重宝して使っています。
 区別は、使用対象がスプレー缶に書いて有りますから、それをよく読んで使いましょう。

 こんな具合で、機械が動く為には必ず隙間が必要です。
 「隙間からオイルが出るのでは」と、心配される方多いでしょう。その為にオイルシールという部品があるのです。
 こちらは、使用時間で磨耗しますから、交換が必要です。
 ですから、機械の整備が必要になります。

 自動車も動く機械です。
 それにしても、「ラルゴ君」よく頑張るな~。(^ム^)

怪我はいけません2008年04月04日 05時35分09秒

 昨日、作業中に怪我をしました。安心、安全をテーマにしている者が怪我をしては話になりません。
 原因はスパナが滑ったのですが、今回の場合、手袋をしていれば怪我にはなりません。
 機械が回転しているときは、手袋は許されません。機械は止まっていましたので、手袋をすれば、手袋がクッションになり、怪我はしなかった筈です。
 但し、手袋は最後の手段。自動車のシートベルトと同じです。重要な事は、怪我より、事故を起こさない事。

 基本的に、作業中は手袋をしません。(自動車の運転中はシートベルトします)手先の感覚が鈍るからです。スパナの持ち方、使い方に注意すれば、怪我はしません。
 スパナが外れた時まで考えて作業する習慣はついていますので、「痛い」ですむ筈だったのですが、夢中になっていたので、周りが見えていませんでした。
 
 不注意が重なると、怪我になります。今回の不注意は、スパナの使い方と周りの状況確認が出来ていなかった事。
 
 最近、考え事をしながら作業をする事が増えました。適当に休憩を取り、頭を冷やせば、不注意はなくなります。

 不注意は「まさか」を現実にします。

 現在7時です。「まさか」の代償大きいです。

暖機運転とオイル2008年04月05日 04時44分33秒

 機械が動く為には隙間が要ります。その隙間にはオイルが必要です。
 「隙間がなくても、動く部分あるぞ」と言われる方、いると思います。
 私も、そういう機械を設計した事有ります。
 凄い矛盾ですね。

 実は、隙間を自分で作る材質で、動く部分を構成します。
 例を挙げると、エンジニアプラスチックス。商品名は書きません。
 これは、自己潤滑性という性質が有りまして、部品自体が磨り減る(馴染む)時に、オイル代わりとなる、潤滑材を動く部分に残します。
 この、オイル代わりの潤滑材が、動く部分から逃げなければ、オイルは不要、隙間が無くてても動くとなります。
 実際には、不可能でしょう。耐久性が長いという事です。長ければ、部品交換前に、オーバーホールですから、その時交換できます。

 隙間が無くても動くのではなく、部品自体が適当な隙間を作り、その隙間に必要なオイル代わりの潤滑材を供給していたのです。

 それでも、機械を組み立てた時の最初はグリースをつけます。例外は、医療用とか、食品用とか、一般的なグリースが使えない場合です。
 もっとも、最近では食品用の無害のグリースも有るようです。
 それでも食品につけるわけでは有りませんし、着かないよう、設計します。
 「どうしても必要となったらどうするの」ですが、私なら、食用油や、マーガリンを使います。
 性能、耐久性は落ちるでしょうが、無いよりは、遥かにいいです。

 無害のグリースが開発される事で、オイルの必要性を解っていただけると思います。

 自動車整備工場を営んでいた叔父の言葉
 「油だよ、油」を思い出しました。