暖機運転の時間2008年03月30日 04時18分35秒

 「暖機運転を何分するか」というお話です。
 私の場合、その時々で変わります。その時々とは、気温とエンジンを停止してから、何時間経ったかです。
 気温はオイルの粘度を変えます。粘度とはオイルがサラッとしているか、ネバッとしているかです。サラッとしていれば、早くエンジンの隅々までオイルが供給されます。夏はサラッとしていますので、長い暖気は要りません。
 冬はネバッとしますから、少し長くなります。
 それでも、運転席に座ってエンジンスタート、それから、シートベルトをして、持ち物確認、安全確認、カーナビセットまでの時間を考えたら、夏も冬も同じでしょう。

 エンジンを止めてからの時間のほうが大事です。
 車で出かけて、帰宅。その次に車で出かける時までの時間です。
 4時間くらいなら暖気しません。8時間くらいですと、暖気します。1分くらいだと思います。数日乗らない時は2分くらい。
 運転席に座ってエンジンスタート、それから、シートベルトをして、持ち物確認、安全確認、で30秒以上かかるでしょうから、感覚的には殆ど暖気していない感じです。
 それで、「暖機運転は不要」となるのでしょうか。
 もっとも、発進してから、エンジンが温まるまでは、オートマチックは2です。D(ドライブ)にはしません。これも、暖機運転です。

 ところで、もっと簡単で正確な判断方法が有ります。
 油音計と油圧計で判断するのです。実験室にいた頃はこれでした。でも、なれない人にはメンドクサイでしょう。
 そこで、もう少し簡単に判断する方法を思いつきました。
 エンジンの中で一番オイルが回り辛いところ(最後にオイルが回る部分を作っても良いでしょう)に油圧センサーを付けます。このセンサーの信号と、油温が適当な温度になった信号を受けて、緑色(何色でも良いのですが)のランプが点く様にします。ランプの位置は計器類(速度計やシートベルトランプ等)があるところ。
 これなら誰でも、上手な暖気運転が出来ますし、特別な新技術は要りません。直ぐに実施できます。
 今あるオイルランプはオイル量警告ランプのはずですから、意味が違います。
 
 上手な暖機運転は常にエンジンを最良な状態に保つ手段です。CO2を増やすようですが、ドライブ全体から見れば、必要悪と言ったところでしょう。

 但し、新車の場合は変わります。
 又、長くなった、文章下手だな~。(~_~;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2008/03/30/2887734/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。