2008年03月29日 05時16分24秒

 昨日、図書館で調べ物をしたくて、母校に行きました。受付で図書館利用のお願いをしたら、「学生と教職員しか使えません」と断られました。
 おかしいな、産学協同をうたい文句にして、「貸し出しは無理ですが、閲覧ならどうぞ」と言ってくれていたのに。
 学校名が変わったからと言って、それは無いでしょう。
 知っている先生が二人居ますから、どういう事なのか知りたくて、先生を探して貰いまいたが、二人とも居ません。
 「残念~」です。(-_-;)
 多分、この事務員さん若いから、「知らないのだろう」と勝手に決めつけ?帰りました。図書館も休みでしたから、本が見られない事に変わりは有りません。えへへ(~_~;)

 ところで、汐入変わりました。
 私の時代は、南千住を降りてから、学校まで30分くらい歩きました。地下鉄の車庫を迂回するので、時間だけかかるのです。
 その間、有るのは、カネボウの跡地。
 学校のそばに来ると、ユニチカ。こちらは、ゴルフの打ちっぱなし、ボーリング場、自動車教習場、がありました。都内最大級です。
 打ちっぱなしは、アイアンでのフェンス直撃は無理(都内なら4番アイアンで充分届いた時代の話です(^ム^))
 それくらい広かったのです。親父の話だと、隅田川の三角州だったとのことです。グライダーを飛ばしていたとか。これは怪しい(^_^)v
 でも、地下鉄の車庫を越えて橋を渡ったのは覚えています。
 その他、お店が数店くらいだったと思います。

 それが、写真の様に大変化。駅から学校まで7分(学校が移転)。
 これを見ると、「昔を残す事」と「近代的にする事」の矛盾に思いがいきます。

 あまりに、桜が綺麗なので、携帯撮影です。
 私は携帯の使い方知りません。「大人ですからね、話せりゃ良いんですよ」と言っていましたが、そうもいかず、やっと、写真撮影が出来るようになりました。

 そういえば、学校の校章も「プロペラに桜でした」。
 しかし、校名変更と共に校章も変わったのだろうと思っています。
 調べません、見たくないから。