思いやり-132008年03月09日 05時34分36秒

 昨日、愛車「ラルゴ君」がオーバーヒートした時にお世話なった、従兄弟(漢字有ってますか)の板金工場へローター研磨機を見てもらいに行って来ました。
 明日から京都へ行くので、その前準備、ブレーキに関する、色んな情報を聞くためです。整備士とユーザーの中間みたいな立場ですから、いろんな良い話を聞けました。
 「修理依頼の車にもブレーキ不調が有って、怖い時あるよ。それでも車検通るみたい。整備士は職人気質が強いから、「ふんだくり」と思われるの嫌で、ユーザーに言いづらいみたい。でも、必要な部分は直さないと。」と言われた時は嬉しかったです。
 私の仕事の重要性が認識できました。今まで出来なかったブレーキ診断気に入って貰えたみたいでした。やっちゃん、有難う。
 
 帰りに、近くに済む叔父(当然ですが従兄弟の父親、内は叔父、叔母が多いので念のため)の所にもよりました。カーナビで行ったのですが、完璧に方向を間違え、着くまでに時間がかかり、叔母さんから「遅いから電話したとこ」と言われ、着いて、最初の言葉が「遅くなってゴメンナサイ」でした。
 「なさけね~」です。

 思い出
 45年くらい前ですが、親父と叔父さんと、私の兄と4人で、浦安にハゼ釣に行った時の事です。
 釣り場は、ディズニーランドの対岸。もっとも、当時は、ディズニーランド有りません。コンクリートの傾斜した土手を下りて、水際での釣になります。
 「水際はヌルヌル滑るから、近寄るな」と親父が言っているそばから、少しでも、遠くに仕掛けを入れたい私は、水際まで行き、「ドボン」です。
 幸い水深は腰くらいまでしか有りませんでしたし、泳ぎもそこそこ出来たので、私自身は「仕舞った」程度だったのですが、親父も叔父さんも大変、「muneyaが溺れる」です。
 直ぐに、親父が私の所に来てくれて、助けてくれました。
 なら良いのですが、私を助ける為には、どうしても、滑るところに足が来ます。
 そして「ドボン」です。
 それを見た叔父さんも「大変だ」と、助けに来てくれたのですが、またもや「ドボン」です。
 足が立ちますから、土手に上がれるはずなのですが、滑るので、上がれません。
 それを見ていた残りの一人。そうです、我兄貴、助けに来るかと思ったら、笑っていました。
 既に、三人落ちていますが、兄貴からは足が立つのも見てますし、季節も秋ですから、水が冷たいということも有りません。全て、頭の中に入っている様子。
 流石、我兄貴、冷静?です。そうでなければ許さん!。
 親父が「手ぬぐいでロープ作って、足場にも滑らないようタオル敷け、絶対に近寄るな」と兄貴に指示をして、三人無事に助かりました。
 帰りに、叔父さんの家によって、叔母さんにご心配をかけたのは想像がつくでしょう。

 それにしても、親父と、叔父さんの気持ちと、我兄貴の冷静さ、180度違いますね。
 さて、どちらが、本当の「思いやり」でしょうか。(-_-;)

 比べる事自体が間違いなのです。(^ム^)