思いやり-52008年03月01日 05時53分52秒

 2月26日のブログで、若い頃の私自身事を「バンカラ」と表現しました。
 私の「バンカラ」とは、本当の自分を見られるのが恥ずかしいので、それを見られないように「なんにも気を使っていませんよ」という感じで、振舞う事と思っていました。
 「見る人が見れば、中身を見てもらえる」と、思っていました。それで良いと確信していました。
 今思えば、それで良い訳無いのですが、やはり、本当の自分を出すのは「大の苦手」。

 ちょっと気になり、googleで「バンカラ」を調べてみたら、服装の汚さばかり書いてあり、「内面は・・・・」という部分が殆ど無いんです。
 「参ったな~、ぜんぜん意味違うじゃん」です。たまに、私が期待した「内面は・・・・」が有りましたが、自分を「バンカラ」と表現したら、90%以上勘違いされるという事に気が付きました。
 勿論、10%の人には中身を見てもらえるわけですから、私自身はそれで良いのです。しかし、この年になれば、付き合ってくださる、周囲の方が居ます。
 その方達には大きな迷惑です。
 やはり、素直に自分自身を表現する事の大切さを知りました。
 これからは、一生懸命気を使うように心がけます。
 これが、付き合って下さる周囲の方への「思いやり」でしょう。
 未だに、「思いやり」というと、何かとても大変な事のように感じる時が有るのですが、「エチケット+スプーン一杯分の優しさ」程度で充分なような気がします。

 でも、苦手なものは苦手、やはり、「内面を見て欲しい」が、正直なところでも有ります(凄い矛盾)。

 ちなみに、一番嫌いな事は「髭剃り」です。切れ味の良い髭剃りだと必ず、顔のどこか切って、半日血が止まらない。電気髭剃りは、深剃りが効かないので、剃った気にならない、「上手な床屋さんの髭剃りが好き」です。
 でも、1時間も何もせず椅子に座るなんて苦痛です。

 結局、「我侭と矛盾」が解決できないだけのようです。
 只、ひげ剃ると、良い運が逃げるような経験沢山しているんで、一つの仕事の終わりの一週間くらいは意識的に、無精髭になります。
 これだけは、理解して下さい。それも「思いやり」です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2008/03/01/2677226/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。