燃費20%アップの方法2008年02月01日 05時49分28秒

 今年も既に2月となりました。早いですね。
 最近、又、ガソリン価格が上がった様な気がします。原因は原油価格の投機だそうです。「上がると見込んで、先に買っておいて、上がったら売る」。
 困ったものですが、ガソリンを使わなければ、原油の消費量が減り、価格は暴落し、投機も終わるでしょう。

 私の子供の頃は「小豆」が、「赤いダイヤ」と呼ばれ、投機の対象でした。石炭を黒いダイヤと呼んで投機の対象にしていた事も有るようです。

 もっとも、原油から出来るのは、ガソリンだけでは有りません。灯油、軽油、アルコール類、コールタール(アスファルト道路に使います)等色々です。
 蒸留温度(原油を加熱して蒸発したものを冷やして、生成されます。温度によって製品が変わります)で、生成されるものが変わりますから、原油1トン有るとしますと、全ての製品が決まった量できます。
 そういう意味では、はたしてガソリンや軽油、灯油が投機の対象なのか、私にはよくわかりません。

 本題の燃費20%アップですが、対象はガソリンエンジンです。
 我が愛車「ラルゴ君」でやってます。20%という数字は詐欺に近いですから、最後まで読んで下さい。

 方法は簡単です。
 バッテリー、プラグ、オイル、オイルエレメント(フィルター)を、整備しなおします。
 これだけで、20%アップします。

 理屈は、バッテリーとプラグが最善の状態ですと、エンジン内で理想的な火花が飛びますから、ガソリンは理想的な燃焼をします。
 オイルとオイルエレメントを良くする=交換となるでしょう。
 オイルが綺麗になるとエンジン内での余分な摩擦が無くなり、エンジンの回転がスムーズになります。
 
 高いものを買う必要は有りません。理想は純正品、プラグもそうです。バッテリーは少し高い方が良いようです。
 特にオイルは注意して下さい。
 私の実体験(新型エンジンの開発実験をしていた時)ですが、高級なオイルを使った為、エンジンを痛めた事が有ります。メーカーは苦労してオイルを選択しています。
 高いから駄目と言うわけでは有りません。エンジン、走行状態(レースで使うか、普通に使うか等)にマッチした物と言う事です。
 難しいですから、整備士さんと相談される事をお勧めいたします。
 私は一応、元プロです。

 問題点も有ります。エンジンの状態です。ガタガタのエンジンは諦めて下さい。治し様が有りません。
 
 それと、もう一つ、とっても重要な事です。
 20%アップと書きましたが、燃費5km/Lが6km/Lになれば20%アップです。
 しかし、10kmが11kmですと10%アップです。
 とんでもない詐欺です。私は数字のマジックと呼んいます。注意してください。

 我が「ラルゴ君」は通常5.5~6kmです。このところ全く整備してあげてないんでこうなります。
 車検をお願いしている整備士さんに言わせると「普通です。5kmでもおかしくない」だそうです。
 これが、きちんと整備すると7kmまで走ります。40%アップ?。もう騙されません。(^ム^)
 勿論、街中走行(30分で5kmくらいしか走りません。こういう燃費の表示方法も有ります)です。
 「ラルゴ君」のおん年11歳、10万キロ以上頑張ってくれていますが、最近、色々やることが多くて、整備してあげてません。
 何時、怒り出すか心配です。
 この後、お話したい事有りますので、シリーズにしてみたいと思います。

 本日最後に、去年、京都に行った時、行きの燃費11kmでした。少しテクニック使いました。「行き」と書いたのにも理由があります。
 長々とすみません。
 燃費アップの理屈がきちんと理解できない方は整備士さんにご相談下さい。
 それなりに費用はかかりますから、闇雲に真似しないで下さい。

燃費20%アップの方法(オイル編)2008年02月02日 05時07分14秒

 年なのでしょうか、最近朝が早いです。「早起きは三文の徳」と言いますが、私には何時来るのでしょうか。(^ム^)

 昨日、お話しました燃費アップですが、一番効果が大きいのはバッテリーのようです。オイル交換はきちんとやるようにしていますのでそうなるのかも知れません。
 
 オイルでは1年以上辛い目(開発実験の時)を見ていますし、走行距離3000kmを越えたころから、何となくエンジン音が変わるような気がしますので、意外とまめにしています。エンジン音が変わってからでは遅いので、走行距離(交換から交換まで)で交換するようにしています。

 オイルの役目の中で、私が一番気にしているのは軸受けとシリンダーライナーとピストンの「あたり」です。

 軸受けとは、回転部分のメタルベアリングの事です。回転部分とは勿論、クランクシャフトです。

 クランクシャフトに加わる力は想定外でしょう。
 燃料がシリンダー内で爆発し、その圧力でピストンが往復運動をします。これを回転力に変えるのがクランクシャフトです。インターネット検索して頂ければすぐに構造はわかります。
 
 私が担当していたエンジンは100kg/㎠の圧力がピストンにかかります。
 概算ですが、自転車でいうと、約5トンの力(ペダルと足の接触面積を50㎠として)で足がペダルを押していることになります。

 その力をメタルベアリングが受けるのですが、綺麗なオイルがきちんと潤滑されていれば、適当な油膜が出来て、スムーズに滑りますから、全く問題ありません。
 ところが、交換をサボるとオイルの中に不純物が増え、その不純物がクランクシャフトのスムーズな回転を妨げるので、回転力が落ちます。
 その結果、アクセルを踏んでも、エンジン回転が上がらない、加速が悪い、スピードが出ないとかの症状になります。
 エンジン内に入る燃料はアクセルペダルの踏み込み量で決まりますから、エンジン内での爆発は同じです。この爆発音をエンジン音として聞いてますから、「エンジン音が変だ、何時もと違う」となります。
 又、交換をサボったオイルは粘度が下がります。適当な油膜が出来ません。その為、メタルベアリングを痛め、軸受け部がガタガタになります。
 これも、エンジン音を変えます。

 こんなわけで、オイルが「綺麗か、汚いか」でエンジンの力が変わるので、燃費に影響します。

 昨日のお話の中で、「ガタガタになったエンジンは無理です」というのは、このメタルベアリングが痛んだエンジンです。
 痛みが軽ければ、普段の走行時に直しようも有りますが、音で判るようですと無理かも知れません。

 ピストンとシリンダーライナーの状態も同じ事が言えます。
 それは、次回にします。
 こちらの方が影響が大きいかも知れません。

燃費20%アップの方法(オイル編)-22008年02月04日 05時54分28秒

 昨日の雪は大変でしたね。

 エンジンオイルの役目ですが、前回はクランクシャフトの軸受けでした。
 今度は、ピストンとシリンダーライナーの場合です。
 構造を詳しく知りたい方は、申し訳有りませんが、インターネットで検索してください。動画付きで詳しいのが有ります。
 身近なもので例えますと、お医者さんが使う、注射器。丸い筒の方がシリンダーライナー、親指で押して、針先から注射液を出すのがピストンです。
 注射器は注射針から薬を出しますが、その逆を考えて下さい。
 注射液がガソリンを含んだ燃料ガスです。その燃料ガスは注射針の先から、注射器の中に入ります。そして爆発すると、注射液を押す役目をしていた部分が、押されます。
 こんな感じで、燃料ガスの爆発は、決められた方向へ物を押す力に変換されます。

 この時、ピストンとシリンダーライナーの隙はどうなのでしょうか。
 注射器は判りませんが、エンジンですと0.02mm~0.03mm位です。
 「隙間が有ったら爆発ガスが漏れて困るじゃない」
 その通りですが、隙間が無ければ、ピストンは動く事が出来ません。
 この隙間を無くすため、ピストンリングという輪がピストンの最上部付近に有り、ピストン上部とシリンダーライナーの隙間をなくします。ピストンリングはシリンダーライナーと接触していますが、シリンダーライナーを痛める事は有りません。
 燃料ガスの爆発を力に変えるのはピストンです。ピストンリングでは有りません。
 これ以上はメーカー各社の重要技術ですからここでの説明はお許し下さい。

 ピストンがシリンダーライナーに直接接触するとこすれて、エンジンが故障しますが、隙間が少なければ馬力が上がります。
 その為、なるべくこの隙間を少なくして、スムーズに動くようにします。
 そこで、ここにオイルによる油膜を作り、より少ない隙間でも、ピストンとシリンダーライナーが接触しないようにしています。

 太平洋戦争中、日本軍とアメリカ軍の飛行機の馬力の違い(アメリカ軍の方が遥かに上)は、このピストンとシリンダーライナーの隙間の差だという評価が有ります。
 アメリカ軍のエンジンは排気量が大きく、燃料の消費量も大きいのですが、日本軍は大出力エンジンを作る事が出来ませんでした。
 アメリカ軍の隙間は0.02~0.03mmでしたが、日本軍は0.05mmくらいでした。この差が、馬力の差となったのです。
 その分、アメリカ軍の飛行機はエンジントラブルを良く起こしました。
 日本を爆撃しにきた、B-29(爆撃機)は日本軍の攻撃で落ちるより、故障で落ちる方が遥かに多かったというのは有名な話です。

 これくらい、エンジンオイルの役目は大きいのです。
 エンジンオイルが古くなると、不純物が増えると同時に、粘度が落ち、油膜保持が出来なくなり、スムーズなピストンの動きが出来ません。
 この結果、エンジン出力が落ち、燃費が悪くなります。燃費が悪い程度なら、未だ手当てのしようが有ります。
 エンジンがガタガタになったら打つ手が有りません。

燃費20%アップの方法(オイル編)まとめ2008年02月05日 04時59分43秒

 昨日、西新井橋がやたら込んでいました。原因は道路と歩道の境目のガードレールの修理でした。多分、一昨日の雪で車がガードレールにぶつかったのだろうと思います。
 「この程度なら」大丈夫と考える事は良く有りますが、一定の確率で事故になります。
 これが「ハインリッヒ」の法則です。
 「いけね~!」ハインリッヒの法則の事書いていません。意外と良い例が見つかりません。<m(__)m>

 エンジンオイルですが、
 「何だ神田の明神下よ」といろんな事書いてきましたが、昨日、簡単な例を思いつきました。自転車です。
 「自転車のペダルが重くなたった」と感じたら、スプレー式のオイル挿しますよね。
 チェーンや回転部分の摩擦が増え、ペダルを踏む足の力がより多く要るようになったからでしょう。
 「ペダルを踏む足の力=エンジンの力」
 と考えて頂ければ一番解り易いでしょう。
 ただ、気をつけて頂きたいのは、油を挿す場所によって、使う油が違うと言う事です。
 (自動車も同じですが、エンジン内は一種類、部分部分で変えられたら、仕事楽でした)
 メーカーからいろんなスプレーが出ていてどれを使えばよいか良く判らないようですが、缶の表示を良く見て頂ければ、大体判ります。
 サラッとした油は浸透性は良いのですが、乾く?(良い言葉が見つかりません)のも早いですから、気をつけて下さい。
 特にベアリング部。
 自転車のベアリングは、「転がりベアリング」といって、中に、小さい鉄の玉が入っています。これがコロの代わりをして、回転をスムーズにしていますが、ここにも油(グリース)が入っています。入っていないと、転がりが悪くなり、回らなくなる事も有ります。
 チェーンも同じでグリースが入っています。時々、無給油(油が不要)型のチェーンも有りますが、高価ですから、給油型が多いようです。
 ここに、サラッとした、「浸透性ネジ緩め油」を挿すと、中のグリースを溶かして外に出して、ベアリングやチェーンを駄目にしますから注意して下さい。
 自転車の場合は、この間違いをおかしても、後から、スプレー式のグリースを何回かこまめに挿せば何とかなるかも知れません。ただし、この間、自転車に乗らないで、手で回す程度にして、兎に角、グリースが中に入るようにして下さい。

 自転車と自動車の大きな違いは、「見えるか見えないか」だけです。
 自転車だって、自転車屋さんが整備した自転車は軽く滑るように走るでしょう。同じなんです。
 もっとも、トラブルを起こした時の被害の差は天と地です。最悪、人命にもかかわります。

 済みません、ちょっと話がそれました。
 オイルだけでも燃費が変わるのは良く解って頂けたと思います。
 自転車は自分で出来ますが、自動車は無理でしょう。先ほどお話したように、オイルの選択から始まりますし、交換した古いオイルの廃却も有ります。
 私は、勿論自分で出来ますが、整備士さんに任せています。自分でやっても、値段幾らも変わりません。

 エンジン以外は絶対に自分でやらないで下さい。車輪のそばにはブレーキが有ります。
 「しまった、どうしよう」では済みません。大事故になります。
 ドアーのヒンジくらいと思われるかも知れませんが、最初は必ず整備士さんに相談しましょう。挿す油の選択から始まりますし、車によっては、挿さない方が良い場合も有ります。

 最後に、私が自動車業界に入った当時、叔父が錦糸町で整備工場を営んでいました。良く飲ませてもらいましたが、お酒と一緒に自動車工学が始まります。
 「お前ら、偉そうに、キャブ(キャブレター)だ、ターボだと言ってるが、大事なのは油だ」と言われました。
 生意気盛りですから、言い返しましたが、今になってみっれば、やはり油でした。
 この叔父は、太平洋戦争中、軍隊で飛行機の整備兵をしていたそうです。
 時代が変わっても機械の本質は変わりません。

燃費20%アップの方法(バッテリー編)2008年02月06日 05時49分41秒

 昨年末、舞鶴に行きましたが、行く直前の「ラルゴ君」の燃費は最悪でした。
 5km/Lです。高速走っても、8.5kmです。舞鶴までの推定走行キロ数=500kmです。高速は敦賀までで、後は一般道。到着は夜中で車中泊(数時間は暖房の為アイドリング)となります。
 敦賀に着いたら夜中ですから、その前の、途中給油が必要となります。
 それ以上にガソリン代を考えたら、頭の中はパニック。

 オイル交換も、交換まで1000kmです。「勿体ないから帰ってから」です。
 バッテリーが弱っていたのは感じていましたから、兎に角、バッテリーをどうするかです。
 先日、書きましたが、バッテリーだけは1万円以上する、高いの?(見え張るな、もっと高いの幾らでもあります)を使っています。こうなると余程確信が無いと交換は出来ません。
 (ーー゛)悩んだすえ?。それほどでもないですが、答えはバッテリー復活作戦でしょう。
 どうするかって?

 バッテリー復活剤を入れて、充電して、リフレッシュです。出かける三日くらい前から、充電開始です。
 仕事中、「ラルゴ君」が側に有りましたので、出来ました。三日前からですが、1日の充電時間は4時間くらいでしょうか。
 あの手、この手で「目覚めよバッテリー(フランチェンでは有りません)」と、バッテリーに話しかけます。心の中でです。

 その結果、舞鶴まで楽勝でした。
 積荷は200kgを越えるでしょうし、乗員二人(ヘビー級)ですから、ほぼ、満員乗車の重量です。
 敦賀で高速から降りて、一般道、4時間くらい車中で仮眠(暖房の為、2時間アイドリング>ゴメンナサイ、良い事では有りません。ですから2時間で我慢しました)して、11km/Lでした。
 給油後、渋滞の京都市内へ移動、あちこち走っても7km/Lでした。

 出かける前の状態は、バッテリーに充電した直後(1日位)だけ、エンジンの音が良くなる状態でした。
 そこで、「取り敢えず充電だけでも」と思い、やってみたら、予想以上に良かったです。
 言い方変えれば、「如何に整備を怠っていたか」となります。
 京都は観光の真っ盛りでした。渋滞も真っ盛りです。
 普段、私が走っている東京より混んでいましたから燃費を比較する事が出来ると思います。

 5kmが7kmですから、40%アップです?。又数字のマジックでした。

 このブログに関するご質問もお受けできるように、昨日弊社ホームページを改造しました。右上側のURLよりお入り下さい。