燃費とオーバーヒートと自動車整備2007年04月28日 03時48分18秒

去年の今頃でした。急に燃費6kmから7kmになり喜んでいて、高専の先輩と千葉に釣りに行きました。現地に着く頃あたりから、「カチ、カチ」時々車から音がしてきて、「サーモスタットの音」で同行の先輩と意見が合いました。ボート釣りの予定だったのですが、風が強くボートが出せず、そのまま帰宅となりました。帰りはサーモスタットからの音もせず、1時間くらい一般道を走り、それから高速道路に入りました。高速に入って30分くらいすると又、「カチ、カチ」と嫌な音が始まり、音が止まると同時に、冷却水温が高くなってきます。当然、オーバーヒート。温度計を見ながら走り、レッドゾーンの手前で、路側帯に停止し、エンジンを冷やす。これを繰り返し、何とか、武石インターで高速を降り、一般道に入ったところで、とうとうエンジンが止まりました。JAFに連絡してレッカー車を待っている間に、冷却水温が下がるとエンジンはかかります。そのまま、船橋にある従兄弟の自動車修理工場にレッカーでラルゴを運び、修理と、ついでに車検も頼んできました。 後日、車を引き取りに行くと、サーモスタットが「閉」の状態で破損。冷却水系パイプ類も殆ど錆びていて交換という状態でした。そのサーモスタットを見たとき初めて気が付きました。「何で、自分で修理しなかった」サーモスタットを取ってしまえば、冷えすぎにはなりますが、エンジンは普通に動きます。自動車メーカーの実験室に勤務してましたから、その程度のことはできます。しかし、その事よりもっと大きなミスが有りました。燃費が急に上がったときにサーモスタットの異常を考えなかった事と純正のクーラント液をラジエターに入れず、水を入れていたこと。故障の原因は錆です。純正クーラント液には錆止め作用があります。エンジンのことは良く知っているつもりですが、「現場を離れるとこうなるのか、この程度で済んで良かった」と考えるべきなのでしょう。 やはり、車の整備は、整備工場とユーザーが一つになってやらないと、安全に車に乗ることはできないと痛感しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2007/04/28/1469791/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。