旅と安心と優しい人人2007年04月12日 23時50分38秒

 先週の日曜日の事ですが、未来クラブの研修旅行の帰り、燕三条駅で急に体調が悪くなり、病院へ行くことにし、駅員さんに「病院に行きたいのですがこの切符使えますか」と言ったところ、病院から戻ったときに、その切符で乗れるようにしてくれました。 病院に行き診察を受けたところ、「風邪」でした。熱も少し出てきましたが、旅先の急病でパニック障害を起こしたようです。 病院までのタクシーの運転手さんは休日診療所を無線で探してくれました。保険証を持っていかなかったのですが、診療所の方は電話で保険証番号を家内に聞いて、保険扱いにしてくれました。調剤薬局の方は「今、薬を飲んでいけばかなり楽なるでしょう」と言ってぬるま湯を出してくれました。お陰で、駅に戻る頃には身体も大分楽になりました。駅員さんは駅を出るときと同じ方で、帰りのグリーン車の座席をわざわざ車掌室に近い車両にしてくれました。本当に有難いと思いました。皆さんのお陰で、元気に仕事しています。 私にとってはこれが今回の最高の研修になったようです。嫌なニュースが多いですが、まだまだ、優しい方の方が絶対に多いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2007/04/12/1397957/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。