安心、安全はただではない?2006年10月22日 22時13分18秒

「日本人は安心や安全をただで買えると思っている」と言う評論家の人が居ますが、そんな事は無いでしょう。 安心、安全を買う積もりで、どれだけのお金を「保険」につぎ込んでいるか。 でも、保険金は被害が発生しないと出ないんですよね。 被害が出てからでは遅いのに、被害を防ぐためのお金は使わず、被害が発生してからの保険には多額のお金をつぎ込む。 日本人の特徴なんでしょうか?。 北朝鮮の核爆弾の抑止力として「核を持つとか、駄目とかで議論する事」でもめていますが、北朝鮮の核爆弾が北朝鮮の国外に出る前に、ミサイルで落としてしまえばそれで充分でしょ。 だから、パトリオットみたいな兵器の開発にお金を使ったほうが良いと思いますが、いかがでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://muneya.asablo.jp/blog/2006/10/22/571025/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。